菌活の効果

菌活って効果あるの?? どんな効果が期待できるの??

 

菌活について気になっている方がまず気になるポイントとして、「そもそも効果あんの??」

 

という点が挙げられると思います。

 

何でもかんでも 「活」 ってつけやがってという声が聞こえてきそうですが、

 

菌活とは菌を積極的に取り入れて腸内フローラを改善し、様々なメリットを享受しようというものです。

 

結論からいえば、菌活には「効果がある!」 いや、 「効果絶大」 と言っていいと思います。

 

実は腸の中にいる細菌達が美容や健康にとって、非常に重要な役割を果たしているらしい という事が分かってきたのは、つい最近の事なのです

 

ごく最近まで腸の中にいる細菌は、「なんか知らんけど勝手に腸に住み着いてるヤツラ」 で

 

「善玉菌とか悪玉菌とかがあって、なんか分かんないけど善玉菌を増やすとお腹にいいらしい」

 

と、そんなレベルの認識でした。

 

それが最近の研究で、腸内フローラを整えれば

 

痩せる 若返る 免疫力が上がる 便秘解消 性格にも影響して、様々な病気にも関係してる etc・・・

 

と、次々に驚愕の いやもう、ほんとに 驚愕の研究結果が発表され始めたのです。

 

痩せ菌 や デブ菌 と呼ばれるような、肥満の原因になる菌や、過剰な栄養の吸収にブレーキをかけて

 

肥満を抑制する菌など(詳しくは別記事で紹介します)が発見されているんです。

 

科学者達も今、無限の可能性を秘めたフロンティアに沸きに沸いている状態のようです。

 

国家レベルでのプロジェクトなども立ち上がり、腸に住む菌達の研究が急速に進んでいます。

 

現代人の腸内環境は悪化の一途をたどっています。

 

 

人類が進化してきた長い歴史の中で人類は腸内細菌と共に進化してきました。

 

様々な恩恵をもたらしてくれる腸内フローラですが、現代人の腸内フローラは悲鳴を上げています。

 

加工食品に含まれる添加物や欧米化した食生活で腸内の細菌達は飢えています。

 

エサとなる食物繊維やオリゴ糖などが(詳しくはこちら)不足し、昔から日本人が食べていた発酵食品などを

 

食べる機会が減ってしまいました。

 

腸内フローラで大切なのは善玉菌と悪玉菌のバランス そしてなにより 細菌の多様性が大切と言われています。

 

(多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること)

 

多様性が低下した腸内フローラとは単純に腸内細菌の種類が減るという事です。

 

実際にがんや糖尿病など様々な病気の人は特徴として、健康な人よりも腸内細菌の多様性が低下しているそうです。

 

菌活をする事で、様々な菌を腸内に取り込み多様性を上げてあげる事で腸内フローラは理想的な

 

状態へと近づける事ができます。

 

菌活の具体的な効果の事例は?

 

私たちが菌活をして得られるメリットで分かりやすい事例としては次のようなものがあります。

 

  1. 痩せる(太らない)
  2. 若返る(肌の若返り エクオール)
  3. 便秘解消
  4. 免疫力向上
  5. 病気を治す 病気を予防する

 

詳しくは個別に説明していきますので一つずつ見ていきましょう。