酵母菌とは

様々な食品づくりに使われる糖分解のエキスパート!!

 

酵母菌ってどんな菌?

アルコールを作る菌。自然界のあらゆる所に存在する。

野菜の表面や空気中、土壌など自然界のありとあらゆる所に生息しています。

糖を分解して二酸化炭素とアルコールを作り出します。

 

この性質を利用して作られたものが、いわゆる 「お酒」 になります。

 

パンが膨らむのも、二酸化炭素の働きによるものです。

 

酵母菌は食品造りに深く関わっています。

 

その食品に合わせてビール酵母、ワイン酵母、清酒酵母、ウイスキー酵母、醤油酵母、味噌酵母や

パンのイースト など、食品に合わせて純粋培養された、いわばエリート酵母達が使用されています。

有名な所だと、サッカロミセス・セルビシエなどがあります。(漫画 もやしもんにも登場します)

 

酵母菌は酸素があってもなくても活動できる!!

 

酵母菌の特徴としてもう一つのポイントとしては酸素がある環境でも

酸素がない環境でも活動することが出来るという点があります。

 

酸素がある状態で活動する菌の事を「好気性細菌」

酸素がない状態で活動する菌の事を「嫌気性細菌」

と呼びます。

 

通常、好気性細菌は酸素が無いと死んでしまいますし、

嫌気性細菌は酸素があると死んでしまいます。

 

しかし、酵母菌はそのどちらの環境下でも活動ができるのです。

 

酵母は嫌気性の環境下と好気性の環境下では働きが違います。

嫌気性環境下ではアルコール発酵と炭酸ガスを生成します。

好気性環境下ではビタミン合成を行います。

 

ちなみに人間の腸内は圧倒的に嫌気性細菌が大多数を占めています。

 

酵母菌は腸内ではプラスに働く??

 

酵母菌は腸内にとって、良い菌なのでしょうか?

 

答えとしてはイエスになります。

 

腸内の善玉菌の代表格 「乳酸菌」

この乳酸菌の餌になりますので、腸内フローラを改善させるのに役立ちます。

 

酵母菌も比較的毎日の食事に取り入れやすい菌です。

ぜひ、毎日の食事に取り入れてください。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です