腸内フローラとは

腸内フローラとは何なのか?具体的には何を食べればいいのか?

 

 

少し長めの話になりますが、とても重要なテーマですので、少々お付き合いください。

最近TVを始め、雑誌、インターネットでも何かと話題のの話。

腸内環境を整える食べ物や、腸の知られざる秘密などの特集が組まれるなど注目が集まっています。

 その中でも特によく聞く単語に「腸内フローラ」というものがあります。

発酵食品と菌活を勧めるこの KAMOSU.site でも外す事のできない話題の腸内フローラ。

実はこの腸内フローラが美と健康に深く深ーく関係している事が最近の研究結果で分かってきているのです。

 

腸内フローラとは一体なんなのか?腸内フローラが美と健康にどのように影響するのか?

どうすれば理想的な腸内フローラを手にする事が出来るのかについて解説していきたいと思います。

 

腸内フローラって何?

 

私たちの腸の中にはものすごくたくさんの細菌が住み着いています。

 

この細菌の事を腸内細菌と言います。

 

皆さんも聞いた事があるのではないでしょうか?

 

では、どれくらいの数の細菌がいると思いますか?

 

その数はなんと!!

 

100兆以上だと言われています。

 

すごいですね!!

今、地球上に住んでいる人間の数はおよそ70億人です。

つまり、私たち人間の1万倍以上の細菌が一人ひとりの人間のお腹の中で暮らしているという事です。

あなたの中に細菌が暮らす宇宙が存在しているわけですね。

 

腸内では働きや性質の似た菌が集まってコロニーを形成しています。この菌たちが

互いに影響しあいながら生きる生態系を作っています。

 

この生態系の事を 腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼んでいます。

 

ちなみにフローラとはお花畑という意味です。

まるでお花畑のように無数の菌たちが腸の中で咲き乱れている、という事から

腸内フローラと呼ばれるようになりました。

 

私たちが毎日のようにトイレでしている 「うんち」 ですが、

これは何から出来ているかご存知ですか?

 

じつは水分を除いた3分の1は腸内細菌とその死骸なんです。

(残りの3分の2は食べかすと腸の壁が剥がれ落ちたものです)

 

腸内細菌はお腹の中に1~2kg存在していて、常に増殖しています。

その増えた分が「うんち」として出ていくのです。

 

腸内細菌の種類

腸内の中には、どんな菌が生息しているのでしょうか?

腸内フローラを形成する腸内細菌は大きく分けて3種類の菌に分類されます。

(これは、人間の都合で勝手に仕分けた分類です。)

それでは、この3種類について見てみましょう。

 

善玉菌

特徴

悪玉菌の侵入を防いだり、消化吸収を助けます。
免疫力をUPさせたり、健康を促進させる物質を作り出す。

主な細菌

ビフィズス菌
乳酸桿菌

 

悪玉菌

特徴

腸内を腐敗させ、有害物質をまき散らす菌。
この菌が増えれば体には様々な悪影響が出ます。
様々な病気の引き金を作り、身体を老化させます。

主な細菌

ウェルシュ菌
大腸菌
ブドウ球菌

 

日和見菌

特徴

菌自体は善玉とも悪玉でもないが、どちらか優勢な方につく菌。
腸の中で一番多い。
遺伝子解析が進み、日和見菌の中から人間にとって有用な菌が見つかる事も増えています。

主な細菌

バクテロイデス
ユウバクテリウム
クロストリジウム

 

腸内フローラを形成する3種類の細菌には 「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」が存在しています。

人が美しく健康に生きていくためには、この腸内フローラのバランスを

 

 のバランスに整えるのが理想的です。

 

この割合がキープ出来る限り悪玉菌の増殖を抑えることができます。

この割合が崩れると悪玉菌が優勢になり腸内が腐敗し血液を通して有害物質が全身に送られることになります。

 

人間は母親の胎内にいるときは無菌の状態ですが、産まれてすぐに菌に感染します。

そこから生涯、菌と共生していくことになります。

 

産まれてすぐの赤ちゃんの腸内細菌は善玉菌であるビフィズス菌が95%を占めています。

その後、離乳の時期までビフィズス菌が優勢な状況が続き、その後、食事と共に日和見菌が増えていき、

最終的にビフィズス菌が2割程度に落ち着きます。

腸内フローラはその後、加齢とともにビフィズス菌の割合が減少していき悪玉菌と逆転するケースも出てきます。

 

加齢以外にも食生活をおろそかにしていると悪玉菌が増え、腸内腐敗が進み、老化が進みます。

現代人はこの傾向にある人が増えているといいます。

 

悪玉菌が増えるとどうなる?

腸内フローラのビフィズス菌が減り、悪玉菌が増殖を始めるとどうなるのでしょうか?

腸内細菌の1割程度だった悪玉菌が増殖を始めると、無害だった大多数の日和見菌も悪玉化し、

腸内フローラがどんどん腐敗に傾いていきます。

 

腸内での腐敗とは食べ物に含まれるたんぱく質が分解されることで起こります。

ここで問題なのはその際に発生する有害物質です。

(アミン、インドール、スカトール、フェノール、アンモニア、硫化水素など)

これらの有害物質により、食べ物は腐敗し、腸内環境を悪化させます。

 

便秘や下痢を引き起こし、発生した有害物質が血液を通じて体の隅々まで運ばれて行きます。

これが肌荒れや様々な病気の引き金、老化を引き起こしています。

善玉菌が減少することで免疫力が低下することも知られています。

現代の人達が抱えている様々な病気の原因が腸内フローラの悪化により引き起こされているのです。

 

また、便の匂いが臭くなり、腸内で発生したガスはおならとして放出される以外のものは

血液に吸収され肺に運ばれて呼気として吐く息と一緒に体外に放出されます。

その為、口臭も臭くなります。

 

このように悪玉菌が優位になることで様々な影響が出ます。

死にいたる恐ろしい病気や、老化などを引き起こす悪玉菌。

腸内フローラのバランスを保つことは、美と健康を促進させる事と直結しているのです。

 

では、一体何を食べれば腸内フローラのバランスを保てるのでしょうか?

 

それは長くなりますので、次のページで

 

腸内フローラを改善するための6つのポイント の記事を読む